データ可視化、IR、大学ランキング

学校基本調査DataViewを作りました。

以前、弊BLOGでは相場観を持つことの大切さについて言及しました。つまり、様々なデータが大体どの程度の数値なのかを大まかに理解することですね。大学に限らず、学校教育関係のデータと言えば、指定統計である学校基本調査が真っ先に思い浮かぶところです…

第3期中期目標・中期計画ではIRはどのように言及されているのか。

前回に引き続き、各国立大学法人の第3期中期計画(素案)を眺めていきます。今回はIRについてです。今流行のIRについて、第3期中期目標期間における各法人のスタンスを明らかにします。 1.仮説 仮説1:大部分の法人がIR活動に関する中期計画を記載してい…

データ可視化サイトテンプレートを作りました。

大学業界ではIRがじわじわと浸透してきているところだろうと思います。例えば大阪大学では、「学びの実態調査」として、様々なデータを可視化して公表しています。当該ウェブサイトのソースを見ると、charts.jsというjavascriptライブラリを利用しているよう…

「IRという言葉が先行しすぎているのではないか」

この言葉は先日友人と飲んでいた際に出てきました。その後いろいろ話をしているうちに、「IR」という言葉が流行り言葉になっているような今の状況はもしかして良くない結果を招くのではないかという懸念を抱いたところです。今回はそんな不安について。 最近…

U.S.News & World Best Global Universities Rankingsに思う 〜何が評価されているのか〜

1位ハーバード、東大24位 米誌が世界大学ランキング:朝日新聞デジタル 米誌のUSニューズ・アンド・ワールド・リポートは28日、世界の大学ランキングを初めて公表した。トップは米国のハーバード大で、上位10校のうち8校は米国の大学が占めた。日…

世界大学ランキングに思う 〜何が評価されているのか〜

World University Rankings 2014-2015 - Times Higher Education You can view the full World University Rankings 2014-2015 top 400 below and explore the criteria used to assess the world’s greatest universities, while our in-depth analysis of …

IR・データ分析に思う その3 〜どのようなデータを組み合わせるか〜

IR・データ分析に思う 〜まず何をすれば良いのか〜 - 大学職員の書き散らかしBLOG IR・データ分析に思う その2 ~グラフをどう読むか~ - 大学職員の書き散らかしBLOG 大学IRをどのように進めていくかについて、特に初手をどのように取るかについては、弊BL…

第3回IRシンポジウムに参加してきました。

第3回IRシンポジウム「IRの導入と教学評価体制―大学間連携の視座から―」 IRネットワークを形成する8大学(北海道大学、お茶の水女子大学、琉球大学、大阪府立大学、玉川大学、同志社大学、関西学院大学、甲南大学)が主催するIRシンポジウムに参加してきました…

U-Multirankに思う 〜新たなランキングの現状と可能性〜

※本記事には和訳箇所(斜体)が多数ありますが、全て私の拙訳であり、正確性を保証するものでありません。なお、文意に沿った意訳や日本の状況に合わせた意訳を行った箇所があります。 北陸先端科学技術大学院大学|ニュース|[お知らせ]欧州連合(EU)発の新…

IR・データ分析に思う その2 ~グラフをどう読むか~

前回(IR・データ分析に思う 〜まず何をすれば良いのか〜 - 大学職員の書き散らかしBLOG)に引き続き、IR・情報分析関係について。 前回は「情報を可視化することを楽しむことが大切」とまとめました。この「情報の可視化」とは、ビッグデータやデータサイエ…

IR・データ分析に思う 〜まず何をすれば良いのか〜

【調査研究】IRを活用してどのように教学改革を進めるか~汎用的能力への取り組みを例に│研究室トピックス│高等教育研究室トップ│研究所について│ベネッセ教育総合研究所 ここで重要なのは、大学のIR(Institutional Research)機能の確立である。同事業の自…

大学ランキングに思う

World University Rankings - Home - Times Higher Education TIMES Higher EducationのWorld University Ranking 2013-2014が発表されました。きっと、日本の大学がどうだこうだとかは他の方がお話しされるでしょうから、少し違ったことを書きます。 World …